周辺機器

【オススメはこれだ!】Wi-Fiルーターの選び方ポイントを丁寧に解説

自宅にインターネット回線を導入したもののw-ifiルーターの選び方がわからない、という方も多いのではないでしょうか?

実際に適切な選び方をしないと快適に利用出来ない場合も多くあります。

具体的にオススメのルーターを紹介し、解説していきます。

wi-fiルーターの選び方

11acを利用出来るものを選ぼう

11acを利用出来るものを選びましょう。

wi-fiの電波には規格があり今も進化し続けています。

規格には「11n」というものもありますがこちらは古い規格で通信速度の最大値が600mbpsであります。

対して新しい規格の11acは最大値6.9Gbpsと10倍以上の速度を出せることからこの規格が利用出来る方がより快適に利用することが出来ます。

5GHzの通信帯を利用しよう

5GHzの通信帯を利用を利用して高速で快適に利用しましょう。

wi-fiルーターが発している通信電波には5GHzと2.4GHzの2つがあります。

5GHz帯は新しく開発された規格であり高速通信向けとして利用出来ます。

電波の届く距離は2.4GHzものより短いですが最高速度は圧倒的です。

多くのルーターは2つの電波帯をどちらも利用出来ます。

繋げる際は5GHzのものを選びましょう。

AOSS機能が利用出来るものを選びましょう

簡単にwi-fiルーターと接続出来る機能になります。

wi-fiを利用開始する際にはパスワードを入力する必要が多いですが、AOSS機能があればボタン一つでパスワード入力を省略出来ます。

初めて利用される方や買い替え検討されている方の中には設定が難しそうで敬遠されている方も多いのでは無いでしょうか。

この機能があればかなり簡単に利用開始出来ますので購入の際に一つの基準にしてみてはいかがでしょうか。

オススメのルーター

BUFFALO「Air Station WSR-2533DHPL」

11acの規格を利用しており最大速度が1733mbpsと非常に高速です。

推奨環境も4LDKまでと電波が届く範囲も広く16台までの機器なら快適に利用出来ます。

4K映像の通信も可能なため自宅のテレビをつなげてインターネット動画で高画質映像も閲覧出来ます。

設定方法がスマホから専用アプリでQRコードを読み取り指示に従うだけで完了出来て初めての方でも簡単に設定出来る親切な設計です。

AOSS機能もついており接続機器が増えても簡単に追加出来ます

またお値段も1万円以下が平均相場で初めて利用するのにうってつけのwi-fiルーターとなっております。

NEC「Aterm PA-WH3000HP」

こちらも11ac規格を利用しており、最大速度は2402mbpsとBUFFALOのものより更に高速です。

推奨している環境も4LDKまで、36台の利用までを想定しており一般家庭であれば申し分ありません。

BUFFALOの推奨環境よりも多い台数や通信内容が高画質動画視聴、オンラインゲームメインの方はこちらをオススメ致します。

お値段は平均15000円程度と少しお高めではありますがそれでもこのお値段でここまで利用出来るwi-fiルーターは多くありません。

まとめ

初めて利用される方も買い替え検討の方も購入時は規格の確認をそれぞれしてみてはいかがでしょうか。

オススメさせていただいたwi-fiルーターを基準に店頭やインターネット通販で購入してみるのも良いかもしれません。

色々機能があり基準が分かりづらいですが上記の選び方を確認していただくと簡単に見分けがつくと思います。

-周辺機器

© 2021 りらっくすルーム