周辺機器

ルーターの気になる価格と機能それぞれのポイントをカンタン解説

ルーターの種類も価格も多種に渡り過ぎて自分にあっている価格のルーターがわからない方も多いのではないでしょうか。

そんな方向けにわかりやすくポイントでまとめてオススメ機種を紹介致します。

価格ごとの性能差について

金額ごとに付いているオプションやセキュリティ等が様々です。

それぞれの特徴をわかりやすくまとめてみました。

必須となる機能やオプションを取捨選択して自分にあったルーターを選びましょう。

最新機種を余ること無く使いたい方にオススメ30000円台ハイエンドタイプ

  1. 次世代の電波規格である11axを利用でき最新機器の高速通信を制限無く利用できる
  2. セキュリティやメーカーのオプションがしっかりついていて安全に利用できる
  3. 全電波規格高水準の為どの機器も快適に利用できる。

遠距離でも安心して利用したい方向け10000円台後半の高性能タイプ

  1. 広範囲をカバーできる「メッシュ機能」がついていて離れた場所でもストレスを感じづらい
  2. セキュリティがしっかりついており安全に利用できる
  3. 現行規格の11acの通信速度が高速で多くの機器に繋いでも低速化しづらい

家族みんなで快適に利用したい方向け10000円以下の一般家庭向けタイプ

  1. ファミリー向けの利用制限タイマーがついていて使いすぎを抑制できる
  2. 動画視聴やスマホでの通信を家族でしても安心の通信速度
  3. 金額が安く導入しやすい

初めての一人暮らしにオススメの6000円台の一人暮らしタイプ

  1. とにかくコストがかからず導入しやすい
  2. ワンルームでの利用に向いていてスマホの通信費節約になる
  3. 初めての接続設定に便利な機能がある

価格ごとの抑えておきたいポイントが上記になります。自身が利用したい環境に合わせて選びやすくなったと思います。

下記からは具体的にオススメ機種を上げながら細かい機能等を紹介していきます。

ハイエンド超高性能タイプ(30000円台)

BUFFALO「WXR5950AX12」

最新の通信規格である「11ax」の利用が可能です。

11acとはwi-fiの次世代規格であり対応機器としてはiPhone11以降の機種や5Gスマートフォンの機器になります。

通信速度が非常に高速で4803Mbpsとなっており最新機器の性能をwi-fi環境でも十分に発揮出来るものとなります。

価格は34000円と高額ではありますが最新のスマートフォンや高画質動画を楽しみたいという方にオススメです。

ルーターからの有線接続に関しても10Gbps用のLANポートがついている為オンラインゲームも遅延が無く楽しめます。

外付けアンテナにより利用している機器にアンテナを向けて電波を飛ばすことができます。

自動で利用機器を判別し狙って電波を飛ばす「ビームフォーミング」という機能も兼ね備えています。

アンテナ数が8×8と非常に多いため安定感は他の価格帯に比べて格段に良いです。

NEC「Aterm PAWX6000HP」

こちらもBUFFALOのルーターと同じく次世代通信規格の11ax搭載モデルになります。

こちらは設定により接続している機器の通信を優先して行う事ができ非常に使い勝手が良いです。

優先度は高、中、低で設定出来る為各機器ストレスが無く利用出来ます。

価格は32000円ほどでこちらも高額にはなりますが最新機種のスマートフォンやゲーム機を利用されている方はおすすめです。

独自機能として「ワイドレンジアンテナ」搭載で360°電波が届き快適に利用出来ます。

混雑時に安定している周波数のwi-fiに自動で切り替える「オートチャンネルセレクト」機能搭載です。

高性能タイプ(10000円台後半)

BUFFALO「WRM-D2133HS」

こちらの機種の特徴は「メッシュ機能」になります。

通常のルーターの場合には通信電波は性質上横に広がりやすく縦には届きにくいため一階に設置したら二階は電波が弱かったりします。

しかしこちらのルーターは電波が網目状に広がるためより均等に快適に利用出来る範囲が広いので縦に長いご自宅でもしっかり利用出来ます。

価格は16000円ほどで少しだけ高価ではありますが。

通信規格に関しても現在主流である11acを利用出来る為高画質の動画視聴やオンラインゲームにオススメ出来ます。

一般家庭向け(10000円以下)

性能は重視しないがスマホの通信量を抑える為家族みんなで不満が無く利用出来るくらいの物がいいという方にオススメです。

エレコム「WRC-2533GST2」

特徴はルーターにしっかりセキュリティが搭載されており悪質なサイト接続から守ってくれるところです。

またお子様の使いすぎを防止するタイマー機能も搭載しており安全性が非常に高いです。

通信速度も11ac規格搭載で1733Mbpsもありますので複数台の接続でも安定して快適に利用出来ます。

価格も9000円ほどなのでコストパフォーマンスが高いです。

ひとり暮らし向け(6000円ほど)

一人暮らしの方でマンションを借りた時光回線は込みで入居したが、ルーターの選び方がわからない方にオススメです。

NEC「Aterm WG1800HP4」

こちらのルーターの特徴はとにかく安い、そしてしっかり速いことです。

金額は6500円ほどでありながら主流の規格である11acを搭載しており快適に利用出来ます。

初めてでよくわからないという方にもオススメの「らくらく無線スタートボタン」という物があり。

ボタン一つで初期設定から接続まで行えるのもオススメです。

まとめ

価格帯によって様々な特徴がありますが。

具体的な商品のオススメもさせていただきましたので実際にネットや店頭で購入される際の目安になったかと思います。

環境や利用したい機器に合わせて選んでいただければ便利に利用できますので参考になればと思います。

 

 

-周辺機器

© 2021 りらっくすルーム