ネット回線

データ通信量はどう使われてるか?確認方法も合わせて解説します

スマートフォンを契約する時や利用している時によく出てくる用語として「データ通信量」というものがあります。

皆さんも一度は目にしたことがありますよね。

しかしこのデータ通信料とは何か、よく聞くけれどよくわからない、なんとなく把握しているという方も多いと思います。

今回はそのデータ通信量に関して解説していきます

データ通信量とは

スマートフォンを利用する上で地図や情報の検索、動画視聴を行う際にインターネットに接続してやり取りをする通信のことです。

スマホを使うということは「データ通信を行う」ということ

データ通信が発生するのは、具体的にはスマートフォンでEメールの送受信、「LINE」などのメッセージのやり取りです。

他にも「YouTube」や「Netflix」などの動画視聴、地図やニュースの閲覧、情報の検索を利用する時にも増加します。

このことからスマホを使ってなにかする=データ通信しているといえます。

1GBの通信とはどのくらいなのか

YouTube動画再生なら5分の動画を90回再生出来るくらいです。

「LINE」のビデオ通話で3時間、通話なら50時間、トークなら13万回分となります。

地図や情報検索は3000回程度になります。

多くの携帯会社は1GBをプランの最低料金にしているので、自分がどのくらい利用するのか確認しましょう。

参考記事:1ギガの通信量と料金について解説します

ココがポイント

データ通信量とは、スマートフォンをインターネットに接続してやり取りする通信の量のこと。

沢山の通信を利用する場合はコストに注意

データ通信は便利なので、沢山利用して自分の生活を豊かにしたいと思う方も多いと思います。

しかし、スマートフォンを利用している方が多い中では全員がそのように利用するのは難しく、いくつかのデメリットも存在します

携帯利用料金が高額になってしまう

携帯会社により設定されている料金プランは、パケット通信量を沢山利用される方向けのものは他に比べて高額になりやすいです。

平均してパケット通信のプラン部分だけで平均7000円です。

そこに電話料金や機種代金の分割金、保証、合わせていくと10000円を超えることも多いです。

時間帯により速度が遅くなる

高容量プランを選んでも、沢山の人が利用する時間帯ではパケット通信の速度が遅くなってしまいます。

これは携帯会社の通信方法の問題です。

多くの人が通信を利用する時間帯である大体19時から22時がその対象になりやすいのですが

利用している方々に平等な速度での提供になっているため、利用人数が多いと一人あたりの通信速度は下がってしまいます。

ココがポイント

データ通信を沢山できるプランは約7000円と高額!通信速度にも注意が必要。

適切なデータ通信量を契約するには

大手3社のプランと金額を確認する

「docomo」「au」「SoftBank」のプランとその料金について確認しておくと適切なプランを契約することが出来ます。

1GB利用時の料金 大容量プランの料金 大容量プランの特徴
docomo 1980円~ 3980円~ 60GB使い放題
au 1980円~ 5980円~ 通信制限無し
SoftBank 1980円~ 3480円~ 50GB使い放題

 

上記は各社の料金プランの最安値になります。

1GBあたりの最安値は横ばいですが高容量プランは各社料金と特徴に差が出ています

無制限で使い放題ならau、制限があってもそこまで利用しないならSoftBankやdocomoといった感じです。

細かい特徴もありますので是非確認してください。

各種スマートフォンの設定を活用する

設定から「モバイルネットワーク」の項目を選ぶことで、現在月累計でデータ通信量を確認することが出来ます。

即時に反映されるので、気になったら確認してみるのは自分の利用している通信量を把握するのに非常に有効です。

ただし各々のプランに最適化はされていないので絶対的に正しいものではありません。

あくまで目安として確認しましょう。

データ通信量を確認出来るアプリを利用する

携帯会社が出しているデータ通信量を把握出来るアプリを利用することで確認することも出来ます。

今利用しているスマートフォンの契約先である携帯会社が提供するアプリを活用しましょう。

注意点として即時反映されない場合がある、正しいアプリを選ばないと意味がないというものがあります。

自分が契約している携帯会社の確認を必ず行いましょう。自分のプランに合わせて算出してくれるため、より正確に確認出来ます。

まとめ

データ通信量とはパケット通信の送受信容量のことで確認する方法もあります。

ご自身がどのようにデータ通信を行っているかを細かく把握する必要はありません。

しかし、少し気にして利用し確認することで、適切な料金で快適に利用することが出来ます

是非上記でした確認方法を実践し快適にご利用ください

-ネット回線

© 2021 ReらっくすRoom