ネット回線

ギガの減りが早い時のiPhoneでの確認法とは?節約のコツについても解説

iPhoneを使用している方は「今月通信制限になってしまった!」なんて経験が一度はあるのではないでしょうか?ギガの減りが思ったより早いせいかもしれません。

今回はiPhoneでの月のギガの減りが早い原因、ギガ使用量の確認方法、節約方法について解説します。

iPhoneにおけるギガとは?

ギガとはデータ使用量のことで、スマートフォンでインターネットに接続したときに消費するパケット通信の容量です

通信量が契約してる量よりも多いと通信制限がかかってしまい、データ通信が遅くなってしまいます。

参考記事:データ通信量はどう使われてるか?確認方法も合わせて解説します

iPhoneでのデータ使用量の確認方法について

iPhoneで月のデータ使用量を確認したい場合は、「設定」から簡単に確認できます

確認方法は以下の通りです。

  1. 「設定」のアプリを開く
  2. 「モバイル通信」を選択
  3. 下へ少しスクロールすると「現在までの合計」という箇所に表示されている数字で確認できます。

auをご利用の場合は、「My au」アプリでの確認が可能

契約しているのがauならば「My au」アプリのホームから確認できます

月々の請求額など契約内容の確認も行なうことができるため、もしauをご利用であればこちらから確認してみてください。

no image
auユーザーなら知っておきたいデータ通信量の確認方法について解説

auで契約しているスマートフォンを利用している方は、毎月のデータ利用量の確認はどうされていますか? auが公式で出している「My au」と「デジラアプリ」でのデータ容量の確認方法など、アプリでできるこ ...

続きを見る

ギガの減りが早い原因とは?

原因はいくつかありますが、多くの場合は下記のものになります。

①Youtubeなどの動画アプリやApple Musicなどの音楽アプリ

②バックグラウンド通信

③ノートPCとのテザリング

 

①のように、Youtubeのような動画アプリはかなりのデータ量を使います。高画質にすると1時間で1ギガを使うことになります。また、音楽アプリも近年はハイレゾ、ロスレスで再生できる様になりデータ使用量が劇的に増えています。最高音質のハイレゾロスレス設定では1時間で3ギガほど使用します。

②のバックグラウンド通信とは、アプリを使用していないときに裏で動作しているアプリの通信のことです。アプリによってはかなりの通信量になることがあります。

③ノートPCとのテザリングも注意が必要です。PCはいろいろなプログラムが動いており、テザリングした瞬間に意図しないデータ通信をしだす場合があります。例えば、Dropboxなどのクラウドストレージサービスのファイル同期などです。状況によってはギガ単位のデータが一気に使われる場合もあります。

いろいろな場合をあげましたが、原因はその人によって様々です。自分の使っている環境での原因を調べる必要があります。

自分の使用環境での原因を知るためには?

どのアプリが原因でギガが減っているかを知る必要があります。iPhoneのモバイル通信ではどのアプリがどれだけのデータ通信をしているかを知ることができますが、iPhoneを使い始めてからの累計しかわかりません。また、このデータ使用量はモバイル通信だけでなくギガを使わないWi-Fiでの通信も含まれています。

そこで、使用情報をリセットすることで知りたいタイミングのギガの使用量を知ることが出来ます。リセット方法は下記の手順です。

「設定」⇛「モバイル通信」⇛画面の一番下の「統計情報をリセット」

もし家ではWi-Fiを使っていて出先でのギガ消費が気になるという人は、家から出る前に「統計情報のリセット」を押せばモバイルデータの消費量を知ることが出来ます。

データ通信量を節約する方法は?

モバイル通信ではなくWi-Fi通信を徹底する

モバイル通信を行うほど、データ使用量が増えていきます。モバイル通信をいかに使わないかが重要になります。

そこでWi-Fi通信を利用し、ネットワークにつなげばデータ通信量は増えません

動画アプリの再生設定をWi-Fi通信のみにする。モバイル通信の場合は画質を落とす。

データ通信で1番といっていいほど容量を使ってしまうのが動画再生です。

最近ではYouTubeやamazon primeで利用できる「Prime Video」など、長時間の動画再生をする方も多いのではないかと思います。

そこで動画再生する際にモバイル通信を使わずに、Wi-Fiのみの通信を行うようにアプリの設定画面から設定を行いましょう

どうしてもモバイル通信で見るという場合には、動画再生の際の画質を落とすのも一つの手です。こちらも各アプリの設定から行えます。

iTunes StoreとApp Storeのモバイル通信をオフに

iTunesStoreとApp Storeでは初期設定上はモバイル通信がオンになっています

アプリによってはダウンロードに数ギガの通信が必要なものもあります。また、オンラインゲームはアップデートの頻度が高くデータ容量も大きいです。

そのため、これらをモバイル通信で行うと、通信制限にかかりやすくなります。

iTunesStoreで映画や曲をレンタルor購入しようと思ったらその分だけ通信量が追加されます。特に映画は一つが大体2時間程度あり、通信量も2GBを超えるものが多くなっています。映画をモバイル通信で見ると、それだけで通信制限にかかってしまう可能性が高いです。

データ通信量を節約したいなら、iTunesStoreとApp Storeのモバイル通信はオフにしておきましょう。

メールのサーバー上の画像を読み込むをオフに

広告メールには画像が添付されているものが多いです。

自分が見たいと思う画像だけを読み込めるようにメールでの画像の読み込みをオフにしましょう

「設定」の「メール」の欄に項目がありますので、そちらから設定することが可能です。

SNSで動画の自動再生をオフに

最近TwitterやTikTokなどのSNSでは、アプリを開いたら自動再生によって動画が自動的に再生されます。

先ほど説明したように、データ通信の容量で一番使用するのは動画による再生です。

使用しているSNSアプリの自動再生をオフにすることで、通信量を減らすことができます。

ココがポイント

各アプリのデータ通信設定を変更し、大きな通信はWi-Fi下で行おう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

データ節約の方法としては

  • モバイル通信ではなくWi-Fiによる通信を行う。
  • 動画アプリの再生方法をWi-Fiのみにする。モバイル通信の場合は画質を落とす。
  • iTunes StoreとApp Storeの通信方法をWi-Fiのみにする。
  • メールの画像の読み込みをオフにする。
  • SNSでの動画の自動再生をオフに

これでも毎月データ制限になってしまう場合には、契約内容を見直し一段階上の通信プランに変えてみてはいかがでしょうか?

auではデータ通信無制限のプランが用意されています。SoftBankでも2021年3月からデータ通信無制限のプランが開始する予定です。(2021年1月時点)

もし普段から使用しているモバイル通信が多いなら、節約しても毎月すぐに通信制限にかかってしまいます。

そのような方はデータ通信無制限のプランへの加入をお勧めします。

-ネット回線

© 2021 りらっくすルーム