ネット回線

インターネット回線速度改善につながる「IPv4 over IPv6」とは?

現在のインターネット環境下において、通信規約が「IPv4」から新しい規格の「IPv6」に変わってきています。それに従い導入されてきた技術が「IPv4 over IPv6」です。「IPv4 over IPv6」を自分の回線に適用すると回線速度の改善を見込めます。

この記事では「IPv4 over IPv6」とはなにか?どうやったら使えるのか?について解説します。

IPv4とは?

インターネットでは「IPアドレス」という通信規約によってスマートフォンやパソコンなどの機器がインターネット接続できるようになります。

IPアドレスとは

IP(Internet Prorocol)はネットワークにおける通信規約です。

IPアドレスはわかりやすく説明するとインターネット上の住所のようなもので複数の数字を割り当てて構成されているものです。

(例:192.168.0.○○○) ※○は0~255の中で任意の数字

IPv4とIPの第4版で、1990年代後半から使用されています。

IPv4ではIPアドレスを32bitのデータとして表現します。IPv4のIPアドレスの総数は2の32乗個、約43億個まで割り当てることが可能なのです。

つまり約43億台のコンピュータがインターネットに接続することができるのです。

 

IPv6とは?

先ほどの説明でIPv4では、約43億台のコンピュータがインターネットに接続できるという説明をしました。

しかし現代社会において、ひとり一台以上のスマートフォンやパソコンをインターネットに接続するとIPv4の43億個というIPアドレスの数だと足りなくなってしまう恐れがあります

そこで登場したのがIPv6です。

IPv6ではIPアドレスを128bitのデータとして表現します。つまりIPv6で利用できるIPアドレスは約340澗(かん)です。

まずここで疑問に思うことがありますよね?

「澗はどのくらいの数だよ!?初めて聞いたぞ!!!」

とはなりませんか?少なくとも私はそうなりました。

1澗という数が10の36乗という数ですのでつまり、

1澗 = 1兆×1兆×1兆

です。つまりIPアドレスの数としては事実上無限と言っても過言ではない数です。

もっと詳しくは下記の記事を参考にしてください。

IPv4とIPv6の違いってアドレスの数が違うだけ?速度改善にもつながる

IPv4では基本的に「PPPoE(PPP over Ethernet)」という通信方式を利用しています。

PPPoEとは

標準的な通信手段の一つで、常時接続の通信回線やネットワーク上において、2台の機器間で仮想的な専用の伝送路を確立し、相互に安定的にデータの送受信を行うことができるようにするもの。

IPv6ではこのPPPoEに加えて「IPoE(IP over Ethernet)」というプロトコルを利用することが可能です。

このプロトコルが従来の通信方式よりも早い通信を可能にしました。

なんでPPPoEよりもIPoEの方が速いの?

IPv4で利用しているPPPoEでの接続方式だと利用者の多い時間帯において接続口が混雑するため、通信速度が低下してしまうのです。

そこでIPv6で利用しているIPoEは利用者の少ない接続口を通過させるため混雑を回避し、通信速度を改善が期待できるという仕組みです。

高速道路において入口の料金所で一般のゲートを通りその場で支払いをしていたものを、ETCを利用することで簡単に通過できるようなイメージです。

 

「IPv4 over IPv6」でふたつをむすび、回線の混雑改善へ

現在のインターネットでは、IPv4とIPv6が混在されている状態です。

IPv6へ移行しているサービスは増えていますが、IPv4だけを前提に作られたサービスも多いです。そのため完全にIPv6に環境に移行するためにはまだまだ時間がかかります。

そこで「IPv4 over IPv6」の出番です。

IPv4 over IPv6は、IPv4への接続でもIPv6とおなじIPoEの接続方式で通信ができるというものです。

IPv4はIPoEの接続方式には対応をしていません。そこでIPv4のネットワークをIPv6でカプセリングし、IPv4でもIPoE接続方式が可能になるというものです。

IPoEの接続方式にすることができれば混雑を回避し、通信速度の改善が期待できます。

カプセリングとは?

ユーザーが利用したいサイトがIPv4インターネットのアドレスの場合、それをIPv6として送信できるようにしたもの

カプセリング

図:カプセリング

 

IPv4 over IPv6を利用するためには?

IPv4 over IPv6を利用するためには、対応した回線もしくはサービスを利用している必要があります。

またプロバイダからレンタルされた機器(ホームゲートウェイなど)だけでは利用ができない場合があるため、IPv4 over IPv6に対応している機器を利用する必要があります。

Buffaloのサイトにて対応しているプロバイダと動作確認が取れているルーターが確認できるので下記のサイトを確認してください。

IPv4 over IPv6対応リスト

利用環境が整いまいしたら、特にこちらで設定することはありません。

使用する端末のネットワーク設定をしたら自動で利用が開始されます。

 

まとめ

IPv4からIPv6に変わってきてはいますが、まだIPv4のみに対応しているwebサイトやサービスがあるのが現状です。

今後の通信方式はIPv6(IPoE方式)に変わっていくことは確実ですので、その中でIPv4にも対応できるよう今から回線などを自宅につなぐという方はこの「IPv4 over IPv6」を利用できるものにした方が良さそうです。

 

-ネット回線

© 2021 りらっくすルーム